動画編集の副業で注意したい確定申告

動画編集の副業をやりたいけれど、税金関係が不安。という方もいるとおもいます。
今回は、そんな方に向けて、動画編集の副業は確定申告が必要なのかどうかについて、解説していきたいとおもいます。

まず、税金の説明をする前に動画編集の副業について、おさらいしておきましょう。

動画編集の副業では、殆どの場合はクラウドソーシングを利用して稼ぎます。
そして、稼げるようになるまでには、大体2ヶ月程度勉強する必要があります。
2ヶ月勉強した後、案件を獲得するのは比較的容易だとおもいます。そして、案件を獲得して、仕事をすると、大体一つの仕事につき数千円くらいが相場ではないでしょうか。
副業としてやって、3万~5万くらいですかね。
では、間を取って月4万稼げたとしましょう。
では、これくらいの金額で確定申告をする必要はあるのでしょうか?

月4万だと大体50万ですよね。その場合、確定申告をする必要があります。
確定申告は、会社員の場合、月20万以上の副収入があった場合に、しなければなりません。

…と言っても、このくらいの収入だと、本当に微々たるものです。確定申告すべき金額なんて。
なので、確定申告の金額については、あまり気にする必要はないでしょう。

では、金額は分かったけれど、面倒くさいのでは?とおもうかもしれません。
しかし、確定申告は全く面倒くさくないです。
確かに、昔は確定申告と言ったら、本当に面倒くさかったんです。
今でも、経費計上をたくさんしなければいけないような方は、面倒くさいです。それは変わりません。

しかし、動画編集を軽く副業でやっているような方であれば、確定申告は全く面倒ではありません。
今は、確定申告専用のPCソフトやアプリがあり、それを使えばかなり簡単に確定申告が出来るとおもいます。
また、自分では無理という方は、少し高額になってしまいますが、税理士に頼むのも良いとおもいます。
ただ、これくらいの収入であれば、自分でやったほうがいいのではないかな…とはおもいます。

とにかく、一番ダメなのは、確定申告ってなんか面倒くさそうだからネットの副業はやらない。とおもうことです。
確かに、普段税金関係のことは会社が勝手にやってくれているとおもうので、その方が楽です。
ですが、それでは人生は変わりません。

動画編集は、動画の時代と言われる昨今のネット界隈において、良い選択肢だとおもいます。
動画編集が出来るようになれば、確実に人生はよりよい形へと変化します。
ぜひ、確定申告を恐れずに、動画編集の副業にチャレンジしてもらえればとおもいます。

タイトルとURLをコピーしました