インターネットビジネスのルール

これは京都インターネットビジネスをいただける事業所が代表となり広がっているのか、どうしても気になるのはどのようなルールを守ってインターネットビジネスをスタートすれば良いかと言うことです。

特に、ダイレクトに消費者と顔を合わせず、ビジネスを展開している以上、トップページやビジネスを行う前に何らかの表記が必要になってくることになると思います。基本的なルールを示したものが、特定商取引法、いわゆる特商法になるわけです。

具体的には消費者とのトラブルが生じやすい特定の商取引を対象にしてトラブル防止のルールを定めて不正をなくすためにスタートしたものです。

インターネットビジネスだけではなくもともとは搬入ビジネスや訪問販売等が対象であり、消費者を保護する観点からスタートしたと言ったほうがわかりやすいかもしれません。それが新たなビジネスとしてインターネットの領域が広くなり、事業者として守るべきルール。そして罰則等が記載されるようになりました。

例えば、インターネットで商品を購入しようとする際、消費者からは写真を見てそれだけで判断して購入してリスクは無いのかどうか、リアルの商品が写真と異なった場合、請求金額が法外であった場合、アフターメンテナンスが全くなかった場合どうしようかといったリスクをはらむことになってきます。このようなリスクやトラブルをするために特商法が重要になってくるのです。

実際に消費者が取引を始める前に、法律で定められたルールに則った事業者かどうかを確認するために様々な記載があり、事業所のルールと罰則に基づいてこのようなルールを守ろうとして展開することになります。

これは、いわば、事業者にとっても消費者にとってもプラスであり、必ず遵守することによりしっかりした市場での地位を確立することができることを考えると当たり前なのかもしれません。

基本的には消費者保護の観点から生まれた法律であり、特に理解が消費者に難しいインターネットしょうとりひきにおいてはいまや、なくてはならないものだといえるでしょう。
インターネットで商取引をなにげなく行う場合、とうしてもリスクを考えずに始めてしまいがちです。
一度、インターネットサイトの公式サイトから特商法に対してどのように向き合っている事業者かを見極めてからスタートすること、こうした作法を考えてみるのもまずはよいかもしれません。
これからは特にそんなビジネスも増えるでしょう。