時代に合わせた対応

時代とともに様々なビジネスが広がってきています。もちろんのことながらそこでまず政府や消費者庁を始めとした公の機関が守るべきは消費者になってきます。そこで実際に利用されているのが特商法になります。

もちろん、商品を守ると言う意味では強引な訪問販売や電話勧誘、場合によってはオレオレ詐欺なども含めた時代によって消費者が守られるべき詐欺行為、詐欺まがいの商法が生まれるたびに少しずつこの法令も変わってきました。

そして今、また大きな時代の変わり目としてインターネットを媒介とした様々なトラブルが発生していることで注目されています。なんといっても消費者が直接ビジネスを行うであろう取引先と顔を合わせることもなく気がつくと成立して、詐欺行為、または不法行為を被っていると言う状況が発生することが多々あるからです。

さらに、このような詐欺行為については手口がどんどん巧妙化しており、消費者はこれまで以上に保護していく観点で考える必要が出てきています。

そして、詐欺行為ではないと言うことを事業者側にも理解してもらうために、事業者側としてもきちんとホームページなどで表記を行うべきルールとしてこの法律が定められていると言えるでしょう。

実際のところ、消費者側にとっては国に定められたルールに基づいてインターネットビジネスが行われている事は自らを守ることであり、事業者側が不正行為を行う意思がないと言うことを確認するためのツールとしても非常に有効になってきています。

実際には連絡先であったり不良品があった場合の対応、問い合わせ先、ビジネスの内容、会社概要などを明確に示す必要があり、これらを満たしていることが重要になってきます。

結果的に、消費者保護の観点からどんどん進化している法律ではありますが、今の姿が最終であるとも言い難いと思います。特にインターネットビジネスが逆になっている以上、さらなる手口の工業化が進み、詐欺を防ぐためにはさらなる法令の改正が必要になってくるからです。

もちろん、消費者としてもこのような法令の意味はきちんと理解すること、事業者側もきちんと理解することによってお互いのビジネスを円滑に済ますことができれば非常に有効になってくると思います。

トラブルを避けるためにもお互いにルールを把握した上で取引を行えるよう、消費者庁のホームページを中心にチェックすべき事は数多くあるのではないでしょうか。 

タイトルとURLをコピーしました